図書館では駄目なのか?

よく図書館で勉強するのと何が違うのか?ということを聞かれることがあります。
(近くとは徒歩15分以内です)

本八幡店の近くには市川の中央図書館、

亀戸店の近くには江東区立城東図書館、

秋葉原店の近くには昌平まちかど図書館、ちよだパークサイドプラザ区民図書館があります。
(秋葉原店は台東区にありますが、千代田区との境です。

津田沼店の近くには習志野市立谷津図書館

ではなぜ図書館ではなく自習室を利用するのかというと
・そもそも図書館は勉強や自習をするところではない。(調べものをするところ)
・閉館時間がある。
・勉強場所を開放するところは時間待ちをする。場合によっては抽選。

簡単にいうと時間を買って効率を買う訳です。
先月群馬から年末年始だけ利用をするために申し込みをされた方がいらっしゃいましたが
勉強する場所というよりも同じ試験や資格に向けて勉強している周りの人から刺激を受けるというコメントを
頂きました。

高校生ではほぼ大学受験での利用なのですが、その周りで自分よりも年上の人が
医学部の再受験や司法試験の勉強をしていたらどうでしょうか?
自分もこんだけじゃなく、もっとやらないとけない。という風になりませんでしょうか?
刺激を受けるということも非常に重要なのです。
見学申込タグ